Twitter(ツイッター)のアノ話題の一連の流れを知りたいときに便利!「togetter(トゥギャッター)」の使い方

togetter 使い方

「あの人たちのTwitter上でのやりとりが面白かった」とか「あの話題についてのTwitterでの盛り上がりがすごかった」なんて話を耳にすることがあるかもしれません。

ただ、当人たちのアカウントをフォローしていなかったり、そのできごとから時間が経っていたりすると、ツイートを読み返すのは難しいですよね。

「誰かがわかりやすくまとめてくれていたらいいのに…」というときに便利なのがTwitterのつぶやきをまとめてくれる「togetter(トゥギャッター)」というサービスです。

togetterの使い方

まずはWebブラウザで「http://togetter.com/」のURLにアクセスしてみましょう。

もしくは「togetter」「トゥギャッター」などでブラウザ検索するとすぐに検索結果に出てくるはずです。

togetter 使い方

トップページには、色々なトピックスが並んでいます。

このトピックスが「まとめ」と呼ばれる、ツイートをまとめたページヘのリンクになっています。

「まとめ」を作っているのは、togetterに会員登録しているユーザーたちで、ユーザーがまとめを作ることもあれば、他人が作ったまとめを読みにいくこともあるというCGM(Consumer Generated Media)=ユーザー自身が作っていくメディアである点が、togetterの特徴です。

togetter 使い方

まとめのリンクをクリックすると、その詳細ページに移動します。

詳細ページでは、作者がまとめたツイート群が並んでおり、上から順番に読んでいくとそのトピックスの一連の流れが分かるようになっています。

まとめには当人同士のツイートの他に、そのツイートを見た周りの人たちの反応ツイートもまとめられている場合もあります。

みんながどんな反応を示したのかもわかるので、何となく自分もそのトピックスをリアルタイムで体感しているかのような感覚になりますね。

各「まとめ」は新着のもの、注目度が急上昇しているもの、その週に人気だったものなど、様々な切り口で探せるようになっているので、興味のある話題を探して色々と見てみると面白いですよ。

普段フォローしている人からだけだと入ってこないような情報を知ることができるはずです。

Sponsored Link