『Twitter(ツイッター)』に投稿されたURLがアプリ内でSafariで開けるように!リーダー表示も可能に

twitter safari リーダー 表示 方法

やなしゅう(@yanashu)です。

iOS版の『Twitter(ツイッター)』では、ツイート内に記載されたURLを開く際には、独自のアプリ内ブラウザを使っていましたが、先日のアップデート以降はURLを『Safari』で開くことができるようになりました。

詳細をさっそくご紹介していきます。

新『Twitter』のブラウザ機能

twitter safari リーダー 表示 方法

まずは『Twitter』アプリを起動し、ツイート内に記載されているURLをタップしてみましょう。

twitter safari リーダー 表示 方法

すると、URLのリンク先が『Twitter』アプリ内で『Safari』のインターフェースで表示されます。

さらに画面上部のURLの左側にあるボタンをタップすると…

twitter safari リーダー 表示 方法

画面をリーダー形式で開くことができます。

シンプルなデザインで複数ページにまたがる記事を1ページにまとめて表示することができるので、スマホでサクッとページ内の内容をチェックするには便利ですね。

twitter safari リーダー 表示 方法

リンクを常にリーダー形式で開くことができるように設定を変更することもできます。

タイムラインの左上にある、自分のプロフィールアイコンをタップしてみましょう。

twitter safari リーダー 表示 方法

「設定とプライバシー」をタップします。

twitter safari リーダー 表示 方法

次に「アクセシビリティ」をタップします。

twitter safari リーダー 表示 方法

「リンクをリーダー表示で開く」をONにしましょう。

これでリンクは常にリーダー形式で開くことができるようになります。

スマホでリンク先をチェックするときはリーダー表示でサクッと閲覧が便利かもしれませんね。

ぜひ活用してみてください。

Sponsored Link