どこよりも遅いiPhone6レビューVol.2 〜開封&アンチグレアフィルム装着〜

iphone6 レビュー

前回に引き続き、iPhone6の購入話です。

いよいよ届いたiPhone6を開封していきます。

開封の儀

iphone6 レビュー

ダンボール箱を開けると、iPhone6の箱が出現。

SIMカードも一緒に括りつけられています。

iPhone6はiPhone5系端末と同じUSIMカードを使用しますが、旧端末のものではなく新しいSIMカードを使用します。

iphone6 レビュー

箱を開けてiPhone6とご対面。

美しいですねー。

iphone6 レビュー

手に持ってみるとこんな感じ。

iPhone5と比べるとかなり大きいです。

ただ、重さがそれほどでもないので、割としっくり手に持つことができます。

SIMカードを挿して、電話機の切り替え手続きを行えば、すぐにiPhone6を使うことができるのですが、使いはじめる前にやっておいたほうがいいことが1点だけあります。

それは、画面を傷や汚れから守るための保護フィルムの貼り付けです。

アンチグレアフィルム装着

初めて開封したiPhone6の液晶部分には保護用ビニールが貼られていますが、これを剥がしてそのまま放置してしまうと液晶部分にホコリ等がついてしまい、保護フィルムを貼る際に気泡が入り込んでしまうため、ビニールを剥がしたらすぐに保護フィルムを貼ることをお勧めします。

iphone6 レビュー

僕が昔から愛用している保護フィルムは、パワーサポートの「アンチグレアフィルム」です。

アンチグレアとは反射防止を意味し、フィルムの表面は少しざらついていて光沢はありません。

このフィルムだと、画面の指が滑りすぎることもなく適度な抵抗感があるので、タッチしていて気持ちいいです。

また、光沢がないフィルムなので、指紋が目立つこともありません。

iphone6 レビュー

装着するとこんな感じです。

つや消し的な液晶表面がシブい印象を与えますね。

開封後、ビニールを剥がしてすぐにフィルムを貼ったので、気泡も一切入っていません。

このフィルムは再剥離可能なので、装着の際は何度も貼り直しながらベストなポジションになるまでトライできます。

万が一、ホコリが入り込んだりして気泡が入ってしまった場合は、セロハンテープなどをくっつけてホコリを除去するようにしましょう。

指などで取り除こうとするとフィルムに傷をつけてしまったり、手の皮脂画面にくっついてしまったりして状況が悪化する可能性が高いので、注意が必要です。

フィルムの貼り付けが完了したら、いよいよiPhone6を使い始めていきましょう。

Sponsored Link