誰でもカンタンにできる!iPhoneで風景をキレイに撮る方法

iphone 風景 撮影

スマートフォンで撮ることが多い写真の一つが風景写真。

旅行に行ったとき、高い場所に登ったとき、海や山に行ったときなど、絶景を目の当たりにするとついついiPhoneで撮影、という人も多いと思います。

今回はそんな風景写真を撮るときのコツをご紹介します。

画面をタップして明るさを調節する

iphone 風景

iPhoneのカメラアプリでは、タップした場所にピントを合わせることができるのは、以前もご説明しましたが、写真全体の明るさの調節もタップ操作で行うことができます。

具体的には、暗い場所をタップすると、暗い部分も明るく見せるために画面全体を明るくすることができますし、逆に明るい部分をタップすると、画面全体が若干暗めになります。

同じ画面の中でも明るいところ暗いところがある風景も多いですし、うまく調節して全体の明るさをほどよいレベルに保つように心がけましょう。

基本的には水平を保つ

iphone 風景

写真の角度が微妙に斜めになってしまっていたりすると、見る人に何とも言えない違和感や気持ち悪さを与えてしまうものです。

基本的に風景写真を撮るときにはアングルが水平になるように注意しましょう。

iPhoneのカメラアプリでは撮影時にグリッド線が表示されるので、グリッドと風景の地平線・地面などがきちんと平行になっているかどうかに気をつけましょう。

きっちり水平が保てていると、それだけで写真が締まってきますよ。

一方で、あえて大胆に斜めに角度を変えて撮ってみるのもオシャレな雰囲気が出るのでよいと思います。

アプリで補整する

iphone 風景

最後の手段はちょっとずるいですが、iPhoneカメラアプリ以外で補整する方法です。

「スッピン」で勝負するのもいいですけど、補整という「お化粧」を施してやってさらに撮った写真を魅力的にできるのであれば、ぜひやっていくべきですよね。

どんなアプリで補整すればよいかはまた別の機会にご紹介しますが、App Storeには数多くの写真編集アプリが展開されているので、自分で使いやすいものをあれこれ探してみるのも楽しいですよ。

風景がキレイに撮れると、iPhoneで写真を撮ることがぐっと楽しくなってきますよ。

Sponsored Link