iPhoneのiOS12ではアプリで空間の距離が測れるように!「計測」アプリの使い方

iPhone iOS12 計測アプリ 使い方

やなしゅう(@yanashu)です。

いよいよリリースされたiOS12。

このバージョンから新たに使えるようになったアプリの一つに「計測」アプリがあります。

このアプリ、何とカメラで空間を映すだけで、ある地点からある地点までの距離を測ることができるんです。

早速その使い方をご紹介します。

iOS12の「計測」アプリの使い方

 

iPhone iOS12 計測アプリ 使い方

iOS12にアップデートするとホーム画面に見慣れないメジャー型のアイコンのアプリが並んでいるのが確認できるはずです。

これが、iOS12から新たに加わった「計測」アプリです。

iPhone iOS12 計測アプリ 使い方

アプリを起動すると、まずはこのような画面が表示されます。

画面表示にある通り、iPhoneを上下左右に動かすと、iPhoneがその空間の状況を認識し始めます。

iPhone iOS12 計測アプリ 使い方

空間の認識が終わるとこのような画面に。

距離を計測したい区間の始点を、カメラの中央に持ってきて画面下の「+」ボタンをタップします。

iPhone iOS12 計測アプリ 使い方

すると、計測したい区間の終点を認識する中央に黄色いポインターが表示されます。

iPhoneをそのまま動かしていくと、黄色のポインターも移動していき、始点として設定したポイントからの距離が表示されます。

iPhone iOS12 計測アプリ 使い方

どんどんiPhoneを動かしていくと距離も伸びていきます。

多少の誤差はありそうですが、だいたいの実際と同じような距離が測れているのではないでしょうか。

メジャーが手元にないときなどに活躍してくれそうな「計測」アプリ、ぜひ活用してみて下さい。

Sponsored Link