【iPhone6】細かすぎて伝わらない『iOS9』の便利機能 〜注意が必要な「Wi-Fiアシスト」〜

iPhone6 iPhone,iOS9 Wi-Fiアシスト 使い方

やなしゅう(@yanashu)です。

iOS9で新たなに追加された機能の一つ、「Wi-Fiアシスト」ってご存知ですか?

これは知っておかないと、必要以上にデータ通信量が多くなって、通信制限を受けることが多くなるかもしれませんよ。

さっそくその内容をご紹介していきます。

「Wi-Fiアシスト」機能とは?

Wi-Fiアシストは、Wi-Fi接続環境下にあってもその接続状況が不安定な場合、「自動的に」通信をWi-Fiからモバイルデータ通信(3G or 4G)に切り替えて回線を安定させる機能です。

この「自動的に」というのがクセモノで、自分ではWi-Fiに繋いでいたつもりでも、実は3G/4Gでデータ通信を行っていた、ということが往々にして起こり得ます。

そしてさらに厄介なのが、この「Wi-Fiアシスト」機能、iOS9では初期設定からオンになっているということ。

この機能が追加されたことを知らない人は、今までWi-Fiで通信できていた場所でも、知らないうちに3G・4G通信に切り替えられてしまっているかもしれません。

それは困る、という人はすぐにこの機能をオフにしておきましょう。

「Wi-Fiアシスト」の解除方法

iPhone6 iPhone,iOS9 Wi-Fiアシスト 使い方

まずは、「設定」アプリを起動し、「モバイルデータ通信」をタップしましょう。

iPhone6 iPhone,iOS9 Wi-Fiアシスト 使い方

次の画面では、一番下まで画面をスクロールさせると、「Wi-Fiアシスト」という項目がるので、これをオフにしておきましょう。

これでWi-Fi環境下で、自動的に通信先を切り替えられることはありません。

ぜひチェックしておきたい項目ですね。

Sponsored Link