iOS11にアップデートしたiPhone7で緊急SOSを発信する方法

iphone iOS11 緊急SOS 発信 方法

やなしゅう(@yanashu)です。

iOS11では、スリープ(電源)ボタンを使って、緊急SOSを発信できるようになりました。

あまりないケースだとは思いますが、もし自分の身に危険が起きたときにあらかじめ指定した連絡先に電話をかけてくれるサービスです。

さっそくその方法をご紹介していきます。

iOS11で緊急SOSを発信する方法

iphone iOS11 緊急SOS 発信 方法

まずは、iPhoneの「ヘルスケア」アプリで、緊急SOSの際に電話をかける緊急連絡先を登録します。

「ヘルスケア」アプリを起動したら画面右下の「メディカルID」をタップして次に画面右上の「編集」ボタンをタップします。

iphone iOS11 緊急SOS 発信 方法

「緊急連絡先」欄に、SOSを発信したい相手を登録していきます。

連絡先は複数登録できるので、親や兄弟、配偶者などを登録しておきましょう。

これで緊急SOSを送る準備は整いました。

iphone iOS11 緊急SOS 発信 方法

iPhoneのスリープ(電源)ボタンを5回連続で押すと、緊急SOSの発信画面が現れます。

「緊急SOS」とある赤いボタンを右にスワイプすれば、登録された緊急連絡先に電話がかかります。

また、電話が終わるとその緊急連絡先に iPhone の現在地を知らせるテキストメッセージが送信されます。

iphone iOS11 緊急SOS 発信 方法

スリープボタンを5回押したら自動的に緊急SOSが発信されるようにする方法もあります。

「設定」アプリを開き、画面中段にある「緊急SOS」をタップしましょう。

iphone iOS11 緊急SOS 発信 方法

次の画面で「自動通報」をONにすると、スリープボタン5回押しで自動的に電話がかかるようになります。

もしものときにあなたの命を救ってくれるかもしれない「緊急SOS」機能、しっかり設定しておくようにしましょう。

Sponsored Link