無料家計簿サービス『Money Forward(マネーフォワード)』はSuicaなどの電子マネーの利用履歴も管理できて超便利!

マネーフォワード 使い方

無料家計簿サービス『Money Forward(マネーフォワード)』では、Suicaや楽天Edy、nanacoなどの電子マネーの利用履歴も確認することができます。

手軽に使えるがために、ついついポンポンと使いすぎてしまいがちな電子マネーの履歴も家計簿サービス内で自動管理できれば、今どれくらい使っているのかが一目瞭然なので、とても便利ですよ。

電子マネーの登録の仕方

マネーフォワード 使い方

まずはホーム画面で左脇に表示されている金融機関管理メニューから「新規登録」ボタンをクリックしましょう。

マネーフォワード 使い方

「電子マネー」ボタンをクリックし、表示される提携電子マネー業者の中から、登録したい電子マネーを選択します。

ここでは僕が愛用しているモバイルSuicaで登録を進めてみることにしましょう。

マネーフォワード 使い方

電子マネーのID・パスワードを入力して登録ボタンを押しましょう。

これだけで電子マネー登録が完了します。

めちゃくちゃカンタンですね。

マネーフォワード 使い方

登録済み金融機関の一覧を見ると、先ほど登録した電子マネーの情報が表示されています。

これで、この電子マネーの利用履歴もMoney Forward内で閲覧できるようになりました。

マネーフォワード 使い方

登録済み金融機関一覧の電子マネー部分をクリックすると、その電子マネーの利用明細が表示されます。

使った日付と金額が表示されるので、だいたい何にどれくらい使ったのかはわかりますよね。

個別の電子マネーサービス上でもこうした利用履歴は確認できますが、複数の電子マネーを使い分けている場合、それを一元管理できるのはMoney Forwardの利点ですね。

「色々な電子マネーを使っていて利用状況がよくわからなくなってきた…」なんていう人は、ぜひMoney Forwardに情報登録してみましょう。

moneyforward 電子マネー

Sponsored Link