【iPhone6】細かすぎて伝わらない『iOS9』の便利機能 〜広告ブロックアプリ「Crystal」が一部広告を表示へ〜

iPhone6 iOS9 広告ブロック Crystal

やなしゅう(@yanashu)です。

先日ご紹介した、iOS9で使える人気の広告ブロックアプリ「Crystal」ですが、ここにきて一転、「アプリの機能をONにしていても、一部広告は表示させていく」という発表がなされました。

いったいどういうことなのでしょうか…?

「iOS9」での「広告ブロック(コンテンツブロッカー)」機能の使い方

iOS 9の人気有料広告ブロックアプリ「Crystal」、“ホワイトリスト化”でEyeoから報酬受け取りへ

詳しくは上のニュース記事にまとまっていますが、広告を表示させるための料金を支払った企業の広告についてはブロックをせずに表示をさせていくようです。

この機能は、同じような広告ブロック機能「Adblock Plus」を提供しているドイツの「Eyeo」社との提携で実施をしていくそうです。

同社が持つ、 “容認できる”広告をブロック対象から外すためのホワイトリストと、広告主からの申し込みを照らし合わせて、「Eyeo」社も容認している広告主であることが判明した場合にのみ、広告表示を許可していくとのことです。

ホワイトリスト方式での広告表示ということで、そんなにおかしな広告は表示されないのかもしれません。

ただ、広告を非表示にする機能をウリにするアプリを有料で販売しておきながら、一方で広告主からもお金をもらって広告を表示させていくというやり方は、ユーザーからの反発を招きそうですね…。

「ちょっとお金儲けに走り過ぎなのでは…?」と感じたニュースでした。

Sponsored Link