Twitter(ツイッター)のリツイート(RT)の方法

twitter リツイート 使い方

リツイート(RT)とは?

「リツイート」とは、他のアカウントのツイートを自分のフォロワーに対して転送する行為を指します。

英語表記では「Retweet」と書くので、略して「RT」と呼ばれることも多いです。

「このツイートを他の人にも知らせたい」と思った時に使うのに便利な機能で、リツイートが繰り返されてそのツイートがどんどん波及していく様を「拡散する」などと表現することもあります。

リツイートもリプライと同様にどんなアカウントに対しても行えますし、情報が伝播していく様子を感じることができるTwitter(ツイッター)の醍醐味とも言える機能です。

リツイート(RT)の方法

twitter リツイート 使い方

タイムラインにあるツイートで、リツイート(RT)をしたいツイートに出会ったら、「返信」をクリックしてみましょう。ツイートの下部にある「リツイート」と表示されているか箇所をクリックしてみましょう。

すると下のような画面が表示されます。

twitter リツイート 使い方

指定したツイートがそのまま表示されたような形になっています。

このままリツイートしてしまって問題なければ、「リツイート」ボタンをクリックしましょう。

これでリツイートが完了します。

twitter リツイート 使い方

リツイートが完了すると、上の画面のように先ほどまで「リツイートボタン」だった部分が「リツイートを取り消す」ボタンに変わっていますね。

ここをクリックすると完了したリツイートを取り消すことができます。

間違ってリツイートをしてしまったときなどは、慌てずこのボタンをクリックすれば元に戻すことができます。

次に自分のプロフィールページでリツイートが反映されているかどうか確認してみましょう。

twitter リツイート 使い方

上の画面のように自分のツイート一覧の中に、先ほどリツイートしたツイートも一緒に表示されていますね。

元々は誰のツイートなのかと、それを誰がリツイートしたのかもわかるようになっています。

また、リツイートはリプライとは異なり、あなたをフォローしている全ての人のタイムラインに表示される形になります。

つまり、元のツイートのアカウントをフォローしていない人にもツイートを見せることができるので、自分をフォローしている人たちに知らせたいツイートを見つけたら、リツイートを使ってみるとよいでしょう。

「非公式RT」とは?

タイムラインを眺めていると、下のような形式のツイートを目にすることもあるかもしれません。

ツイートのあとに「RT」という表記があり、続いて別のアカウント名、そのあとにどうやら別のツイートらしきものがくっついています。

twitter リツイート 使い方

これはいわゆる「非公式リツイート(RT)」と呼ばれるツイートで、元のツイートに一言コメントを添えて拡散したいときに使われるものです。

一般的には、RTの前にくるのが非公式RTをした人のコメント、RTの後ろにくるのが非公式RTをされた人のアカウント名とそのツイートになります。

Eメールのやり取りに例えるなら、「リツイート」がメールの「転送」、「非公式リツイート」が「引用付き返信」、というイメージで憶えておくとよいかもしれません。

注意しなければならないのは、非公式リツイートは元のツイート自体を自由に編集することができてしまうということです。

非公式リツイートをする人が悪意を持って元のツイートを書き換えてしまうことも可能なので、元のツイートを本当にその人がつぶやいているのかどうか、注意深く見ることも大事かもしれません。

Twitterはその手軽さと匿名性から、デマが伝播しやすいツールにもなってしまっているので、自分が目にした情報を鵜呑みにせず、出元が怪しい情報はしっかり真偽確認した上でリツイートを行うように気をつけましょう。

Sponsored Link