「友達リクエスト承認しちゃったけど、やっぱりこの人に投稿を見られたくない…!」というときに役立つFacebook(フェイスブック)の制限リスト活用方法

facebook リスト制限 方法

うっかり友達リクエストを承認してしまったけれど、「やっぱりあの人には投稿を見られたくないなー」ということ、たまにありますよね。

そんな友達に対して自分の投稿を見られないように設定する制限リストの使用方法を紹介します。

制限リストに友達を加えるには

facebook リスト制限 方法

投稿を見せたくない友達プロフィールページで、カバー画像の上にある「友達」をクリックして、プルダウンから「他のリストに追加」を選びましょう。

facebook リスト制限 方法

更に表示されるプルダウンから、「制限」をクリックします。

チェックマークが付けば、制限リストへの追加は完了です。

制限リストに追加をした後は、投稿する際の公開範囲を「友達」としておけば、その友達に投稿を見られてしまうことはありません。

逆に、公開範囲を「公開」としてしまうと、制限リストに入れた友達にも投稿を見られてしまうので注意しましょう。

また、自分がした投稿に、制限リストに入れた友達がタグ付けされてしまうと、その投稿は友達に見られてしまいます。他の友達があなたの投稿に対して、制限リストの友達のタグを追加してしまう可能性もあるため、これを回避するためには「プライバシー設定」から「タイムラインとタグ付け」を選択し、「あなたの投稿へのタグ付けを確認する」を「オン」にしておきましょう。すると、あなたの承認なしでは他の人もあなたの投稿にタグを付けられなくなります。

制限リストをうまく活用して、苦手な友達とも上手にFacebook上で付き合っていけるようにしましょう。

Sponsored Link