LINE(ライン)とは?

line 使い方

LINE(ライン)とは?

今や誰もがその名を耳にしたことがあると言ってよいサービス、「LINE(ライン)」は、日本国内はもちろん世界中でユーザー数を増やしていて、世界で4億人が使っていると言われています。

日本に限って言っても全人口の3分の1が利用するサービスとなっていて、特にスマートフォンを持っているほとんどの人のホーム画面に、LINE(ライン)のアイコンは置かれているのではないでしょうか。

そんな「LINE(ライン)」とはどんなことができるサービスなのか。

詳しく紹介していきます。

LINE(ライン)の魅力

LINE(ライン)とは、一言で言うなら「無料で通話やメッセージのやりとりができるコミュニケーションサービス」です。

LINEはスマートフォンがないと使えないと思っている方と多いと思いますが、iPhoneやAndroidスマートフォンの他に、フィーチャーフォン(ガラケー)やPCなど様々なデバイスで利用することが可能です。

普通は通話料がかかる音声通話がどれだけかけても無料で済んでしまう点や、メールアドレスの交換といった面倒な作業なしにキャリアの垣根を超えてメッセージのやりとりができる点、またメッセージの中に豊富な種類のスタンプを織り交ぜてコミュニケーションがとれる楽しさなどがLINEの魅力です。

スマートフォンで無料で音声通話ができたり、違うキャリア同士でも無料でメッセージが送ることができます。

基本的にはすべて無料で利用できるサービスですが、データ通信料(パケット代)だけは発生してくるので注意しましょう。

LINEの主な機能

LINEの主な機能は、「無料通話」と「トーク(メール・メッセージ)」です。

line 使い方

無料通話は、LINEユーザー同士で可能な音声通話です。携帯電話の通話機能とほぼ同等の品質で電話をかけ合うことができます。

line 使い方

また、「トーク」では吹き出し型のインターフェースで会話のやりとりを可視化しながらメッセージの送受信が可能です。

種類がとにかく豊富な「スタンプ」と呼ばれる画像の送受信で簡単に気持ちを表現できるのもLINEの大きな特徴の一つです。

その他にも、様々な機能がLINEにはあります。

友だちになっているユーザー同士で情報交換ができる「タイムライン」や、好きな企業・有名人の発信する情報を受け取ることができるな「公式アカウント」、コミュニケーション以外の様々なサービスを利用できる「LINE Apps」、LINEアカウントでプレイできる「Games」といった多種多様なサービスが展開されています。

LINEの人気の理由

LINEでやりとりができるのは、基本的には「友だち」として登録したユーザーだけです。

携帯電話の電話帳に登録されていて且つLINEのアカウントを持っている人は、自動的に「友だち」に登録することができるため、既に見知った人とは改めてアカウントを知らせ合う必要なくやりとりが始められます。

「Twitter(ツイッター)」などのSNSとは異なり、自分がよく知っている限られた人とだけのやりとりができるという安心感が、多くのユーザーにLINEが好まれる理由かもしれません。

ここまでの説明で感じた方もいるかもしれませんが、LINEでできることのほとんどは、今までの携帯電話の電話やメール機能と大きな違いはありません。

では、なぜここまでLINEは世界中に普及しているのでしょうか。

それは、そのコミュニケーションの演出が分かりやすく且つ楽しく、各機能が手軽に利用できるからであると言えるでしょう。

特に今急速に普及しているスマートフォンとの相性が非常に良いことが、LINEにハマる人が急増している理由だと思われます。

Sponsored Link