ソーシャルメディアで顔写真は公開すべきか?

ソーシャルメディア 顔写真 公開

ソーシャルメディアを利用する上で最も悩むのは「顔写真を公開すべきか否か」ということだと思います。

「顔出しは単純に恥ずかしい」「写真を悪用されるのが怖い」「知人・友人に見つかりたくない」など様々な理由があるかもしれませんが、果たしてソーシャルメディア上に顔写真は公開すべきなのでしょうか?

結論から言うと人それぞれでOK

顔写真を公開するのかどうか、ぶっちゃけて言うなら、その人の好きに決めてしまってよいと思います。

世の中には、顔出しに全く抵抗がない人もいれば、自分の写真を撮ることすらイヤだという人もいます。

プロフィールをどこまで公開するかという話と同様に、自分の写真をどこまで公開するかも、自分本人が決めてしまって構いません。

顔写真を載せるか悩むのは、ソーシャルメディアのプロフィール画像などを決める場面が多いと思いますが、自分の顔をそのまま公開するもよし、顔の一部でも、ペットの写真でも、好きな風景の写真でもOKです。

自分がソーシャルメディアを気楽に利用できるように、自分自身で公開する情報をコントロールしていきましょう。

僕は公開してますが後悔してません

かくいう僕、やなしゅう(@yanashu)は、利用しているすべてのソーシャルメディアで顔写真を公開しています。

写真を公開して何かデメリットがあったかというと、…特にありません。

ビックリしたのは、直接の面識はまったくないフォロワーの方からソーシャルメディア上で、「今日、◯◯のあたりを歩いてませんでした?」とコメントをもらうことが何度かあったこと。

逆によく気づくなーという感じですが、どこで誰に見られているかわからないなーと思いました。

ただ、細かいプロフィールを公開するのと同様、顔写真を公開しているとソーシャルメディア上での発言も不思議と説得力を持ってくるのも事実です。

特別な抵抗がないなら、ソーシャルメディアでは自分の顔写真を公開していくほうが、長く楽しむことができるかもしれません。

Sponsored Link